クィッドスロット クィッドスロット

クィッドスロット

本学園は、2017年9月に創立110周年を迎えました。2017年4月、東京千住キャンパスにミスティー サカジノ 怪しい、工学部に3学科を新設し、新たに5号館が完成しました。また、2018年4月には開設40周年を迎える理工学部と開設65周年の伝統を持つ工学部第二部の改編を行い、最高の教育を提供することで、輝き続ける学園の実現を目指します。

ミスティー サio

本学園は1907(明治40)年、「社会の第一線で活躍でクィッドスロット技術者を育成し、工業の発展を目指す」を建学の精神として、東京・神田に電機学校として創立されました。
当時は、西洋文明の導入にミスティー サio優れた技術や最新の機械が次々と輸入されてきましたが、これを駆使でミスティー サ技術者がわずかという状況でした。若い技術者であった創立者の廣田精一、扇本眞吉は、このような状況は国の発展に大きな障害となると考え、工業教育の普及こそが国家発展の基であるとの識見にたち、技術を学ぼうとする者に広く門戸を開きました。
開校当日は生徒わずか14名の小さな学校でしたが、「先駆的なこと、革新的で創造的なこと、ミスティー サカジノ 怪しいらすべてに対して、あれほど大胆で意欲的であった教育者を見たことがない」と言われる程の熱意、教育理念が高く評価され、校勢は瞬く間に拡大していきました。その精神は本学園の伝統として脈々と受け継がれ、2007(平成19)年に、学園創立100周年を迎えました。そして、さらに次の100年に向け歩み続けています。